Syapse 特徴

システム上で Best Practice 共有

実在の証拠に基づいて遂行される優秀管理基準キャッチ、配布

  • 統合された実在の臨床分子、治療および結果データを共有し学習
  • 施設内の患者に一般的に規定された治療法及びそれに伴う結果を共有

臨床試験アクセスを患者診療と統合

高品質の臨床試験に対する接近性を高め、試験完了による障害最小化

  • 自動的に事前検査をして、臨床試験に受験できる患者を簡単に識別
  • 臨床試験及び除外基準に合致する患者のリストを受信
  • 条件に合致する患者が多いサイトに新規臨床試験誘致

プログラム拡大のための管理職の洞察力確保

精密医療プログラムの臨床運営に対するハイレベル洞察力確保

  • 成果、練習パターンと試験ボリュームをモニタリングして管理の可変性減少
  • 洞察力を活用して品質の改善努力、報告と成長予想値を案内

精密医療法のワークフローの簡素化

受動プロセスを自動化して職員の生産性及び効率性向上に寄与

  • 単一縦表示に 患者の医療及び分子情報検討
  • 医薬品財政サポートプログラムの患者識別及び登録の簡素化
  • 非同期及びリモートシステムで分子腫瘍パネル検討、実行可能

Syapse プラットフォームの医学と分子データの統合

医学データ

保健 IT 生態系全般で主要患者医療データ収集

分子データ

全分子分析タイプ及び供給業者の統合実験室に関わらず、構造化された形式で分子データを受信

ローカルホスティングデータ

地域内の AWS 供給者を通して国家別にクラウドホスティング 設定

Syapse 導入プロセス

Syapse 導入事例